Print a la mode > 辺境工場 > --年--月 > --日
Print a la mode > 辺境工場 > 2010年08月 > 28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフォシーク iswebライト 終了だそうだ

freewebからiswebに以降したあたりの時代にお世話になってたレンタルサーバーが終了予定。当時では無料でCGIやSSIが使える無料サーバーは貴重だった。もちろん今でもそれは貴重なものだ。オレの拙い知識ではココとXREAくらいしか思いつかないんだけど、知らないだけで他にも色んな無料サーバーが死んでいくのかな、或いは死んだんだろうな、と思うと酷く悲しいものがある。以下ユーザサポートからのお知らせから抜粋。

■ なぜホームページサービスを終了するのか
「インフォシーク iswebライト」のサービス開始当初におきましては、ホームページスペース提供サービスがインターネットにおける情報発信ツールとして大きな役割を担ってまいりました。
しかしながら、インターネットの発展に伴い情報発信ツールも多様な進化を遂げており、無料のホームページスペース提供サービスとして運営してきた「インフォシーク iswebライト」は当初の役割を終えたものと判断いたしました。長年に渡ります皆さまのご愛顧に深く感謝しております。
皆さまにはホームページ移行等で、お手数をおかけいたしますが、前述状況を踏まえたサービス終了でありますことを、何とぞご理解いただき、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

極端に要約すればあなた達もさっさとブログにでも移行しては如何かな?ということなのだろう。妥当な考えだと思うし、オレの和塩サイトもはっきりいってほとんど使って無い。年に1度くらいトップページの日記を書く程度。最早どこもかしこも『個人サイト=個人ブログ』みたいになっちゃってるから『トップページ』みたいなものは個人レベルではどんどん不要とされてきているのだろう。昔は「トップページばかりに力を入れて中身はてんでダメなサイト」なんていって笑ったもんだが、それが失われると何だか寂しくなるというのも悲しい人の性というやつだろうか。そして、そう感じるのはオレだけだろうか。10年後にはきっと「昔、ブログなんていう面倒なツールがあってな……」みたいなことを言ってるのかもしれない。

この世の仕組みは、便利になる分だけその代償として何かが失われる、ということなのだ。多分。

そんなわけでiswebは別に今は使ってない(昔作ったサイトは残ってるかもしれないが)のだけれど、CGIやSSIといったものはココが無かったら確実に学べていなかったので敬礼しておきます。インターネットが、そしてウェブサイトを作ることが一番楽しかった時を過ごした場所だった。

関連記事

連絡先:print.alamode at gmail.com
公開日:--年--月--日
カテゴリ:スポンサー広告
公開日:2010年08月28日
カテゴリ:web

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。